ロード合宿

夏の一大イベント。

随分、ビビって参加した合宿の振りかえり。

 

・国道115号線〜県道70号線〜レークライン

合宿のベース。なんだかんだで、国道115号線が一番嫌な経験をしたような感じがする。初日の長谷川先輩の落車に始まり、休息日明けの行きや、帰路で通ると始まる大爆走大会、特に大雨の中の大爆走大会は本当に辛かった。逆に県道70号線はいい思い出しかない。走りやすいというか、自分に合ってる感じがした。レークラインは豪脚の先輩方から千切れる場所だったため、いちばん自分との戦いを強いられるところだったので、楽しかった。

 

桧原湖

結局4周しかしなかったため、特に書くことはない。

最終日に、スカイバレーを登り終わってから一周する時の桧原湖が一番キツかった。

人をパスする時に、人の前に入るタイミングが早くて危ないという指摘を受けたので、以後気をつけます。

 

猪苗代湖

カイバレーに行く予定の日が大雨になったため、急遽、休息日になった日に行った所。

最初の話では、”猪苗代湖へ回復走がてらサイクリング!”だったのだが、全くサイクリングではなかった。自分は、スカイバレーに行くテンションだったため、周回コースの坂を普通に踏み、周回最後の平坦では、例のごとく、大爆走大会が始まった。昔から言われていることだが、ローディーの言うサイクリングは全くサイクリングじゃない。

この日に、自分のコンディションを把握できなかったことから、次の日からの調子が最悪だった。ここでもでてくる、体調管理。。。

 

・ゴールドライン

桧原湖で、豪脚の方々に揉まれた後のお山。

当たり前に、登る前から足パン。そこまで踏まずに行くつもりだったが、後ろから先輩にどやされ、しっかり踏む羽目に。

MSTKにゴールドラインのタイムを自慢され、とてもムカついた。

最初からガチで挑むべきだったと後悔。リベンジは来年。

 

・スカイバレー

”スカイバレーを登らなきゃ合宿じゃない”

まさに、合宿にふさわしいキツさ。ただ、斜度のキツさだけなら、レークラインの方がキツイ。そういう意味では、ペースで登るのが得意な自分からすると、楽しい坂だった。

後ろから迫るMSTKから逃げつづけたため、よい強度で登れた。

 

初参加の合宿はほぼ大雨だった。

故にキツイというよりは、ツライ合宿だった。

もしはれていたら、もっと肉体的にキツイだろう。

 

とりあえず、今年の合宿は非課金TBで乗り切った。

来年は重課金TBで、stravaの記録を総なめにします。

8/12 ~ 18 ロード合宿

嫌になるほど雨に降られたが出来る範囲で追い込み切れたかなというのが全体を通じた感想。

レークラインやスカイバレーに関しては去年よりは確実に上れるようになっていたので一安心。減量のかいがあったはず。しかしローディーの皆さんには着いていけずインカレロードは厳しいかなというのが現状。

桧原湖スプリントで1300w出ていたり、宿までのスクラッチ?ではバンバン回せたりと本業の中距離系は調子が上がってきてるので、来週のトラック合宿でバッチリ仕上げたい。

≪ 813.74km ≫

8/17 ロード合宿

レークライン→スカイバレーを含めた桧原湖桧原湖x1

落車の怪我は青年の家の健康的な生活のおかげで驚異的な回復をみせ、ほとんど治った。スカイバレーの下りは橘田の後ろで楽しませてもらった。ラスト周回は登り手前の平坦で踏み倒して戦線離脱。

天候と落車のせいで思っていたより調子が上がっていない、、しっかり調整していく。

8月7日〜8月10日

合宿前の練習。

風邪をひきつつロードに乗るも、雨に降られ、治るのが遅くなってしまった。

全裸クーラーは控えるようにする。

 

8月8日 町田〜横浜 65km

風邪から復帰するためのサイクリング。

 

8月9日 大垂水 120km

道中でゲリラ豪雨で風邪をひいていた体にダメージを食らったあげく、ぼっち練だったため、あまり追い込めなかった。

 

8月10日 ランド 65km

また、雨。

仕方なく、ランド×10

足の差を実感することとなった。

 

自分の少ない脳みその中に、体調管理というワードが追加された。

今まで考えた事も無かった。

いつでもベストコンディションを目指して、体調を言い訳にしないマンになる。

8/16 ロード合宿

レークライン往復

豪雨の中メニューが変わり、レークラインをこえて帰ることに。下りからのアップダウンは調子よく回せた。シューズカバーの必要性を感じた。