読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10/29-39 TRS第4戦 オムニアム

TRS#4 オムニアム
クラス2 B組 17名出走
総合6位 99p
SC 8位 26p
TM 0p 8位 26p
EL 15位 12p
PR 35p 3位 35p

初日に起きた東北道での事故渋滞や天候不順の関係もあり、私は初日にスクラッチのみ、そして2日目に残りの全種目を走ることとなりました。(渋滞の中膀胱が耐え切れずご迷惑をおかけしました。以後気を付けます…)

 

クラッチ

サドルとハンドルを変更したのですが、渋滞の関係で到着が遅れてしまったため周回練ができず、とりあえずで出したポジションで走ることになってしまいました。強風の中バトンホイールを選択してしまったこともあり、仕掛ける仕掛けないの前に安全に走るので精一杯に。ラスト1周では飛び出しに迷うあまり中切れに巻き込まれる始末。前からこぼれてきた選手を何人か捲るのみで終わってしまいました。

レース後には自分の準備と判断の甘さを恥じました。

 

テンポ

2日目の朝、起きてからなんとなく調子がよさそうだったのでギアを48×14から49×14へ上げ、ディスクをコメットからアラヤに変更、機材の変更はしっくりきました。
前々で展開していかないとどうにもならない種目だとわかっているのに、先頭交代で集団最後尾に戻ってしまい結果中切れを埋めることに…。その後単独で先頭集団にブリッジしたりなんだりと動きましたが先頭通過をすることができずにゴールを迎え、0p勢の中での順位を1つでもあげようと3着でゴール。結果8位でこの時点での総合は7位に。

 

エリミネーション

2回目の除外が終わったあとにふらっとインに切り込んでポケットに入ってしまい、どうすることもできずまさかの3番目に脱落してしまいました。

頭さえ使えばこんな順位になることもなかったであろうし、押し込みでの落車が怖いなら慶應の2選手のように力業で逃げるなど出来ることは山ほどあったと反省…
結果15位で総合12位まで転落。

 

ポイントレース

ポイントレース開始前の入賞圏内8位の選手との差は18p。いろんな方にここまで全く良いとこがないなと突っ込まれていたので、最後くらい自分から動いて勝負に出るぞと決心し、心のどこかでラップを狙いながら出走。
2回目のポイント周回の後でカウンターアタック決行。これが決まり、暫く独走した後慶應の宮本選手と京産の藤田選手と合流し6回目までのポイントを分けあい、ラップにも成功。その後も独走を試みるがうまいこと決まらず、35pの3位で終了。総合成績もなんとか6位まで戻し無事入賞となりました。

久しぶりに思い切ったレースをすることができて満足していましたが、他のラップ成功者は逃げ以外でも得点に絡んでいることなどを考えてしまうと正直悔しさも強いです。

 

4kmIP 18位  5'22"089

オムニアムで心身ともに出し切ってしまい、後半もペースが全く上がらず情けないタイムで終わってしまいました。

元気な時に気持ちも体も全部乗せて計ってみないとなにも突っ込めないですが、一つ言えるとしたらサドル変更したことでTハンも少しいじったほうが良さそうかなと感じました。

 

個人的にFacebookの方に上げていたレースレポートを元に書いているので時折文末が整っておらず、申し訳ございません。よろしければそちらのほうも参照していただけると嬉しいです。