読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3/15 小山田

橘田和樹

64.0km with 白石氏(SAUCE DEVELOPMENT)・藤田氏(SNEL)

小山田 × 2

実業団勢に練習に誘っていただいたので小山田へ。おそらく人生で一番早いペースだった。実走での1分のワットを更新(530w)し、一周目のNPは316w(20分)と目標は見失ったが体の調子は良い。

だが登りのキレでは全然敵わず、かなり悔しい…。三高坂くらいの短さならもがいて勝てるのではと思ったが、現実は厳しく張り付くので精一杯。2周目の霊園坂では千切られ…。

登りも平坦もいつも以上に早いペースで回ったので、心拍を休めるタイミングが無く、とてもしんどかった。最近はパワーを指標とした練習が中心であったが、キツくて千切れる時は大体心拍が先に来てるので心拍数ベースの練習もまた始める必要があるのかなと。

今日はありがとうございました。初っ端の平坦でローテのタイミング掴めなくて長く引かせてしまってごめん…。

3/14 パワマ

長谷川晃央

久しぶりの大垂水に胸を躍らせて出発すると小雨がちらほら

この程度ならと集合場所に向かっていると徐々に雨が強くなり、携帯を見るといつの間にか練習中止に!なのでトレルでパワマに変更。。

1分(負荷5)534w

ミドル(負荷6)614w 563w 588w

大腿部を鍛えるマシンで筋トレ

大垂水からのパワマという落差であまり踏めなかった。もうちょっといけると思う

3/14 ローラー

橘田和樹

ローラー Foundation

10min@wUP

---------------------------

4min@180w × 5 ※ケイデンス110固定

2min@130w × 5

---------------------------

10min@CD

正直神宮にかなり重きを置いていたので、具体的な目標を見失ってしまった感じが否めない。何も考えないならとりあえずSSTをやるべきかなとは思っていたのだが、それすらやる気力が起きないのでFoundationをやることに。ここ数か月での回転力の低下が否めないので、個抜きイメージで110回転以上キープで行った。

とりあえず早いことインカレまでの具体的なレーススケジュールと、さらにその中でもどれに集中するのかを決めてモチベーションを取り戻したい。

3/12 神宮クリテ レースレポ

長谷川晃央

結果:クラス3B 18位

試合前から体の調子が良く”これはいける”と気合充分に出走。

短距離の強い選手がいるという情報が入ったので、レースプランは最終コーナーの立ち上がりからロングスプリントで逃げ切る!こうであった。

初めて最前列からスタート、フィジカル的にもメンタル的にもかなり楽(次からもそうしよう)、走り始めて調子がいいことが虚偽でなかったことを確認し、最初の3周は落車や中切れを避けるため1〜5番手くらいに位置取る。ここまでは予定通りであり、振り返っても良かった。4周目に入り、脚をためようとU字ターンの前で位置を下げた。これが大きなミスだった。ターンした後集団前方はスピードをあげ、緩めた脚で踏み直すのはきつく、そのままついていくだけになり後方でゴール。あのまま前にいればなんとかもがき、数人にまくられようとも結果は違っていたと思う。悔いの残るレースをした。この原因は今年度何度もレースを走ったが、ちゃんと準備し勝負できる脚で挑んだのは今回が初めてであった、それがための経験不足である。なのでこれからはワンレースごとに大切に練習、調整をしていくことをここに誓う。

応援に来てくださったOB・OGの皆さん、車出しの清水さん、サポートのマネさんありがとうございました。来年度もよろしくお願いします。

3/13 ローラー

橘田和樹

回復走 30分110w程でクルクル回したのみ

昨日のレースのダメージが腹筋と背筋と首と左腕に来ており、自分の上半身の弱さを痛感。神宮のデータを見ていて思ったのだが、NP270w・インターバルインテンシティ92%と、やはり上手いことセーブして走ることが出来ていたみたい。というよりかはむしろ位置取りにもう少し脚を割いてみることが必要だったかなと反省。

あと一つ前のブログに書いた話のその後ですが、クラス1昇格が確定していました。今の実力だと少人数のクラス1のクリテリウムではDNFの可能性が高いくらいだと思っているので、気を引き締めて練習を継続していきたいと思います。

3/12 神宮クリテ

橘田和樹 試合結果

グループ1 13位
今回の目標はグループ1に出場したクラス2選手内で最上位でゴールしクラス1に昇格すること。


アップもスタート前の整列もうまいこといい形でこなし問題無くスタート。正直自分が今まで体験した中で一番ペースが速いかもしれないレースだったが、六大学クリテで引きずれ回された経験やそもそも調子がよかったこともあり多少の余裕をもってこなすことが出来た。
中盤以降、ゴールが近づいても中々前に上がれずにいる私に澤部先輩が「ついて!」「行くぞ!」と何度も声をかけて引っ張り上げてくださったので、入り乱れた集団の中でも安心して位置取りをすることができた。

集団に埋もれないための殺気と落車しないための安全マージンのバランスをうまいこととって先頭から20番手あたりで最終コーナーに突っ込み、伸びると感じていた外側からスプリントを開始し13位でゴール。

 

13位という形にはなってしまったが、おそらく目標のクラス1昇格は達成することが出来た。(今現在正式に確認中です。) 神宮で入賞・表彰台を狙うなら少なくとも10番手以内で最終コーナーに突っ込みたかったが、もう少し殺気を出したとしても今の私の脚ではその場所に位置取りをし、そのうえでもがくというのは不可能だったと思う。あのペースで進むレースで、ただ走るだけでなく展開を作れるようになるには今より数段上の力がないとだめだと強く感じた。

 

最後になりますが、役員・サポートをしてくださったマネージャーさん、車出しをしてくださった清水先輩、ピットに入ってくれた選手、応援に来てくださったOB・OG・友人の皆さん、そして何よりレース中に助けてくださった澤部先輩、本当にありがとうございました。どこかのレースでお返しできるように頑張ります。

3/12 神宮クリテ

篠山昂平

クラス3c 6位

 

1.5km×4周=6kmしか無いのでとりあえず前で展開して(これはクラス3で走った全員が考えていることだが)最終コーナーを5番手以内で回れればもしかするともしかするんじゃないかというざっくりしたレースプランで出走。
2周目までは先頭から5,6番手をうろうろして程よく休みながら走れたが2周目の最終コーナーで押し出されるように先頭に立ってしまい逃げを打ったみたいになってしまい、その後集団に戻るタイミングでずるずると下がって先頭集団の最後尾あたりになってしまった。
結局これが痛くて、最終周の最終コーナーの進入が9,10番手ぐらいになってしまい、そのまま何人か捲って終了。
やはり最終コーナーの進入順がほとんどそのままゴール着順になっていたのでとても勿体無いレースにしてしまった。

 

すごい速さで1年目は過ぎてしまったが、練習やレース内外で多くの経験を積み、この最終戦では決して満足出来るものではないが入賞という目に見える結果を残すことも出来た。今年1年で得たたくさんのものを積み重ねて来年度も頑張っていきたい。

 

最後になりましたが、車出しをしていただいた清水先輩、大会のサポートをしていただいたマネージャーの方々、応援していただいたOB・OGの皆様、ありがとうございました。